お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法盛寺 (三重県桑名市) 桑名西御坊

<<   作成日時 : 2014/05/17 19:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本統寺は真宗大谷派で東御坊と呼ばれ、法盛寺は浄土真宗本願寺派で
西御坊と呼ばれる東西の大寺であり、桑名における布教拠点であった。
法盛寺はもと岡崎矢矧にあったが、1468年桑名に移り江戸時代初期に
現在地に移転している。
(親鸞聖人ゆかりの三河柳堂の跡寺ともいわれる)
末寺200ヶ寺を数える大寺で大伽藍を誇ったが、戦災により焼失し現在の姿
になっている。
本尊の阿弥陀如来像は歯が表現され<歯吹如来>と呼ばれている。

(1)寺名:法盛寺(ほうじょうじ) (2)住所:三重県桑名市萱町93
(3)宗派:浄土真宗本願寺派
(4)開創:不詳 (5)本尊:阿弥陀如来
(6)その他
1)本尊・阿弥陀如来立像:市指定文化財 室町時代末期 像高78cm

画像
                        全景

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法盛寺 (三重県桑名市) 桑名西御坊 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる