お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮乗寺 (京都府南丹市美山町大野) 野々村仁清の生誕地

<<   作成日時 : 2014/05/14 08:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

江戸時代前期(17世紀)の名陶工・野々村仁清は1610年代に由良川沿いの
美山町大野庵ノ谷の山村に生まれ、篠山立杭〜京粟田口〜瀬戸と修業し、
京に戻り仁和寺前で窯を構えて本格的に陶芸の道を歩んでいる。
京焼の祖と呼ばれ、色絵陶器の先駆者である。
仁清の作品では、国宝2点・重要文化財20点と数多くの文化財作品を
誇っている。

蓮乗寺の開創は不詳であるが、野々村仁清の生家の菩提寺である。
近くには、仁清の生家と言われている茅葺の家が現存している。

(1)寺名:蓮乗寺(れんじょうじ) (2)住所:京都府南丹市美山町庵ノ谷13
(3)山号:秀伝山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:十界曼荼羅

画像
                       由良川

画像


画像
                     野々村仁清生家

画像
                      蓮乗寺全景

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

蓮乗寺 (京都府南丹市美山町大野) 野々村仁清の生誕地 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる