お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 感応寺 (和歌山県和歌山市) 南海身延

<<   作成日時 : 2014/05/11 21:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日蓮聖人の真骨の分骨を祀ることから、感応寺を南海身延と呼ぶとのこと。
感応寺はもと駿府(静岡市)にあったが、初代紀州徳川藩主・徳川頼宣が
駿府から紀州に移ってきた時に、感応寺も分寺して移ってきている。
現在は、静岡市にも感応寺は存在する。
勧請開山を日向上人と共にする鳥取・和歌山・静岡の感応寺を日蓮宗三感応寺
と呼んでいる。

(1)寺名:感応寺(かんのうじ) (2)住所:和歌山県和歌山市鷹匠町6−16
(3)山号:常住山 (4)宗派:日蓮宗
(5)勧請開山:日向上人 (6)開創:1619年 (7)本尊:大曼荼羅

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       七面堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

感応寺 (和歌山県和歌山市) 南海身延 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる