お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 欣祐寺 (奈良県曽爾村) 屏風岩の麓

<<   作成日時 : 2014/04/21 15:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

曽爾村(そにむら)は三重県に接する奈良県東部に位置し、東にはススキの
曽爾高原、西には屏風岩・兜岩・鎧岩などの奇岩奇峰が連なり、その底を
青蓮寺川が流れる大自然の村である。
欣祐寺は屏風岩の麓にあり、それを借景としている。

欣祐寺の開創は不詳であるが、1554年に現在地に再興されたと伝えられ、
珍しい融通念仏宗のお寺である。

(1)寺名:欣祐寺(ごんゆうじ) (2)住所:奈良県曽爾村長野391
(3)山号:松月山 (4)宗派:融通念仏宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)参考
1)屏風岩・兜岩・鎧岩:国指定天然記念物

画像
                       屏風岩

画像
                        鎧岩

画像
                       青蓮寺川

画像
                        標石

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

欣祐寺 (奈良県曽爾村) 屏風岩の麓 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる