お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 延命院 (和歌山県和歌山市) 赤門と瓦塀

<<   作成日時 : 2014/04/16 09:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ベンガラ色の山門(赤門と呼ばれている)と平瓦をシックイで固めた瓦塀
は一つの風景を作りだしている。
この景観が<和歌山県ふるさと建築景観賞>を受けている。
瓦塀の所々に形の異なった瓦が埋め込まれ瓦塀にアクセントをつけている。

延命院は、日本で最古の部類に属する日前神宮(和歌山市)の神宮寺として
開創されたと伝えられている。
江戸時代初期に和歌山城周辺の整備によって現在地に移転している。

(1)寺名:延命院(えんめいいん) 
(2)住所:和歌山県和歌山市鷹匠町6−9−1
(3)山号:遍照山 (4)宗派:新義真言宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:大日如来

画像
                        全景

画像
                        赤門

画像
                        瓦塀

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

延命院 (和歌山県和歌山市) 赤門と瓦塀 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる