お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 高徳院 (愛知県豊明市) 

<<   作成日時 : 2014/01/08 09:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1560年織田信長と今川義元の桶狭間の戦いの地が、桶狭間古戦場伝説地
として整備され残されている。
古戦場跡の目の前にある今川義元の本陣跡が高徳院の境内と
いわれている。
古戦場跡といわれる地が近辺の他にもあり、古戦場跡は確定して
いないのだろう。

高徳院は、弘法大師空海が平安時代初期に高野山上に開創した
子院と伝えられ、その後明治時代になって高野山寺院の整理統合
が行われ、明治26年に現在地に移転再興されている。
現在は大寺としての伽藍整備も行われ、篤い信仰を集めている。

(1)寺名:高徳院(こうとくいん) (2)住所:愛知県豊明市栄町南館3−2
(3)山号:香華山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:平安時代初期 (7)本尊:高貴徳王菩薩
(8)その他
1)参考
  桶狭間古戦場伝説地:国指定史跡

画像
                   桶狭間古戦場伝説地

画像
                       外観

画像
                       境内

画像
                      タブの木

画像
                    今川義元供養塔

画像
                       本堂

画像
                      瑜祇塔


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

高徳院 (愛知県豊明市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる