お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 慈智院 (三重県津市) 専修寺塔頭 

<<   作成日時 : 2014/01/31 10:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1465年関東にあった真宗高田派本山専修寺が津市一身田に移って
建立され、寺内町を形成していったが、その中に開創されたのが
塔頭・慈智院である。
開創については不詳であるが、本堂は鬼瓦の銘から1639年に建立されている。
一身田では最古の建築といわれている。
慈智院は専修寺塔頭の筆頭三ヶ寺の一つである。

(1)寺名:慈智院(じちいん) (2)住所:三重県津市一身田町760
(3)宗派:真宗高田派本山専修寺の塔頭
(4)開創:不詳 (5)本尊:阿弥陀如来
(6)その他
1)本堂:県指定文化財 1639年
2)阿弥陀如来坐像:市指定文化財 藤原時代 像高52cm

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                      専修寺山門

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

慈智院 (三重県津市) 専修寺塔頭  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる