お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 専正寺 (三重県桑名市) 蛤墳

<<   作成日時 : 2013/12/20 09:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昔、今中町あたりは漁村で、桑名名物の蛤の貝殻が多く埋められていたので、
1823年住人が蛤の供養にと蛤墳(こうふん)を建立している。
碑文は桑名の狂歌師・一雲山人による。
碑文<まおふねのりのみ にはまぐりの声貝の耳にもとめてしのばむ>
現在の蛤墳は1923年に改造されたものである。

専正寺は1627年に開創したといわれる称念寺が始まりで、1947年に
2寺が合併して専正寺となっている。

(1)寺名:専正寺(せんしょうじ) (2)住所:三重県桑名市今中町7−3
(3)山号:三竜山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:1627年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)蛤墳:市指定有形民俗文化財

画像
                       蛤墳

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

専正寺 (三重県桑名市) 蛤墳 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる