お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 永昌寺 (岐阜県関市) 

<<   作成日時 : 2013/11/08 10:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

近世禅林の逸材と呼ばれた、駿河の白隠、越後の良寛、博多の仙崖であるが、
仙崖和尚はここ美濃武儀で生まれ、その後僧となり博多の聖福寺の住職
として20年近く務める傍ら、機知とユーモアに富んだ禅画を描き、博多の
仙崖さんとして慕われた。
残した禅画は2千点にのぼり、現在においても人気を博している。

この仙崖和尚生誕の里にある永昌寺は和尚の両親の菩提寺である。
永昌寺は1615年に開創されている。

(1)寺名:永昌寺(えいしょうじ) (2)住所:岐阜県関市武芸川町高野643−1
(3)山号:景久山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:石室和尚 (6)開創:1615年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)美濃三十三観音霊場第5番
2)虫封じ祈願

画像
                       遠景

画像
                       全景

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                      観音堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

永昌寺 (岐阜県関市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる