お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨錫寺 (和歌山県有田川町) <重文>阿弥陀堂

<<   作成日時 : 2013/09/07 09:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高野山を源流とする有田川が蛇行する上流の段丘上にある雨錫寺の
阿弥陀堂は、1995年からの2年間に及ぶ解体修理と敷地発掘調査
によって、現在の阿弥陀堂は1514年に再建されたものと判明し、
今日までの歴史が新たに蘇っている。
茅葺の堂宇は11.74m四方の寄棟造りで、周囲に縁が張られ、
堂々とした佇まいである。

雨錫寺の開創については不詳である。
2年に一度、阿弥陀堂で2月11日に行われる<杉野原の御田舞>は、
稲の豊穣を祈って、春田起こしから籾摺りまでの生産過程を模して
演じられる舞いで500年ぐらい続いているといわれる。

(1)寺名:雨錫寺(うじゃくじ) (2)住所:和歌山県有田川町杉野原976
(3)山号:宝雨山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:不動明王
(7)その他
1)阿弥陀堂:重要文化財 1514年 茅葺
2)阿弥陀如来坐像:町指定文化財 藤原時代
3)杉野原御田舞:国指定重要無形民俗文化財 室町時代から

画像
                      有田川上流

画像
                        全景

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       阿弥陀堂

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

雨錫寺 (和歌山県有田川町) <重文>阿弥陀堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる