お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 花林院 (三重県桑名市長島町) 長島藩主・増山家の菩提寺

<<   作成日時 : 2013/09/03 16:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1702年長島藩の藩主となった増山正弥以降、8代に亘って長島を治めた
長島氏は明治維新まで続き、その第一菩提寺は東京・勧善院である。
藩内菩提寺としての第二菩提寺が花林院となっていて、第7代藩主・
増山正修が葬られている。
増山正修は幕府の若年寄を務めている。

長島城跡の堀(長島川)傍の花林院は、その開創については不詳であるが、
江戸時代には華林院と称し、江戸中期の長島城絵図には記述されている。

(1)寺名:花林院(かりんいん) (2)住所:三重県桑名市長島町長島中町54
(3)山号:盤龍山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:聖観音?

画像
                       長島川

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                     薬師如来石像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

花林院 (三重県桑名市長島町) 長島藩主・増山家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる