お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞光寺 (三重県亀山市関町) 権現柿

<<   作成日時 : 2013/07/23 14:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

瑞光寺の中興開山・豊屋永隆和尚は三河の生まれで、幼少の頃徳川家康と
親交があり、天正年間1573〜92年)に家康が京への途中に瑞光寺に
立ち寄り、庭先の柿を賞味したといわれている。
後に、この柿を権現柿と呼ぶようになったと伝承されている。
現在は、その何代目かの柿が存在している。
家康は伊賀越えの際にも瑞光寺で休息をとったといわれている。

瑞光寺は、伊勢の有力豪族・関氏の正法寺山荘があった小野川上流に
1371年に開創され、豊屋永隆が現在地に再興している。
関氏の菩提寺でもある。

(1)寺名:瑞光寺(ずいこうじ) (2)住所:三重県亀山市関町木崎796
(3)山号:河上山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:1371年 (6)中興:豊屋永隆 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)権現柿:市指定史跡

画像
                        山門

画像
                       権現柿

画像
                        本堂

画像
                      関氏供養塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

瑞光寺 (三重県亀山市関町) 権現柿 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる