お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本覚寺 (岐阜県羽島市) 天井絵・雲龍図

<<   作成日時 : 2013/07/11 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本堂中央の天井絵<雲龍図>は、1850年大和絵の絵師・浮田一恵
(宇喜多一恵)の作によるもので、1914年に補修されている。
この雲龍図の源は京都・金地院東照宮の狩野探幽作・天井絵と
いわれている。

本覚寺は、元は天台宗のお寺であったが、1558年に曹洞宗の
お寺になり、1580年竹鼻城主・不破広綱が父の菩提を弔うために
本覚寺を再興し、不破氏の菩提寺として開基したといわれている。

墓地には、羽島出身の豪商で人徳者であり美濃の聖人とも呼ばれる
永田佐吉の墓碑が祀られている。

(1)寺名:本覚寺(ほんがくじ) (2)住所:岐阜県羽島市竹鼻町2434−1
(3)山号:真如山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:源経祖玄 (6)開基:不破広綱
(7)開創:1580年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)天井絵雲龍図:県指定文化財 1850年 浮田一恵筆
2)永田佐吉墓:県指定史跡

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                     天井絵雲龍図

画像
                        鐘楼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本覚寺 (岐阜県羽島市) 天井絵・雲龍図 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる