お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 極楽寺 (福井県小浜市) 文化財多し

<<   作成日時 : 2013/06/30 16:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

後瀬山を背に建つ極楽寺は1492年に開創されたと伝えられ、
大寺でもないが中世の文化財が多いお寺である。
小浜には、こうした仏教文化を護り続けるなにげないお寺が多い。

鎌倉時代末期の本尊・阿弥陀如来坐像を始めとして7件の指定文化財
が引き継がれ、それら以外にも中世の仏教文化を知る上で貴重な資料
が多い。
開山・真明が真盛上人の直弟子であったことも、それらをもたらしたと
いえよう。

(1)寺名:極楽寺(ごくらくじ) (2)住所:福井県小浜市小浜白鳥4
(3)山号:瑞応山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開山:真明 (6)開創:1492年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本尊・阿弥陀如来坐像:県指定文化財 鎌倉時代末期 像高152cm
2)釈迦十六善神像(画):市指定文化財 15世紀前半
  愛染明王像(画):市指定文化財 16世紀
  阿弥陀三尊来迎図:市指定文化財 16世紀
  天台大師像(画):市指定文化財 室町時代
  十三仏図:市指定文化財 南北朝時代
3)真盛上人六字七号:市指定文化財 室町時代

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

極楽寺 (福井県小浜市) 文化財多し お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる