お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞岸寺 (岐阜県飛騨市神岡町) <重文>小萱薬師堂

<<   作成日時 : 2013/05/03 09:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

飛騨三十三観音霊場第27番の瑞岸寺は、高原諏訪城主・江馬氏によって
1534年開創され、江馬氏の菩提寺である。
飛地にある小萱薬師堂は、室町時代初期に建造され養蚕の守り本尊として
寝雑ぜ薬師を祀り信仰を集めたといわれている。
杮葺の瀟洒な姿を示し、国の重要文化財に指定され、岐阜県最古の
木造建築といわれている。

薬師堂の場所は瑞岸寺から少し離れているが、白山神社の隣にある。

(1)寺名:瑞岸寺(ずいがんじ) (2)住所:岐阜県飛騨市神岡町殿495
(3)山号:殿秀山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:信海 (6)開基:江馬氏 (7)開創:1534年 (8)本尊:聖観音
(9)その他
1)飛騨三十三観音霊場第27番  聖観音
1)小萱薬師堂:重要文化財 室町時代初期
    住所:飛騨市神岡町小萱14
  懸仏:県指定文化財 1299年
2)磬子:県指定文化財 1594年
3)臥龍楓:推定樹齢500年 地を這うような楓

画像
                      小萱薬師堂

画像
                      小萱薬師堂

画像
                      小萱薬師堂

画像
                        参道

画像
                       地蔵尊

画像
                        本堂

画像
                        境内

画像
                       臥龍楓

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

瑞岸寺 (岐阜県飛騨市神岡町) <重文>小萱薬師堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる