お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 円通寺 (岐阜県大垣市) 大垣藩主・戸田家の菩提寺

<<   作成日時 : 2013/05/25 16:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大垣藩主・戸田氏は、近江膳所藩主から尼崎藩主を経て、1635年10万石の
大垣藩主になり、明治維新まで続いている。
円通寺は1601年近江膳所に戸田家の菩提寺として開創され、尼崎を経て
1635年大垣の現在地に移っている。
円通寺は戸田氏と共に行動している。

円通寺の門前には、大垣城の外堀であった水門川があり、それとなく城下町
の雰囲気を漂わせている。
円通寺門前と境内には、芭蕉が奥の細道最終地として大垣に逗留したことを
記念して句碑が建てられている。
 <わせの香や分入る右は有そ海>
 <こもり居て木の実草の実拾ははや>

(1)寺名:円通寺(えんつうじ) (2)住所:岐阜県大垣市西外側町1−32−1
(3)山号:旭光山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:戸田一西(初代膳所藩主) (6)開創:1601年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)戸田家廟所:県指定史跡
2)山門:市指定文化財 1833〜44年
3)大垣藩主歴代肖像画:市指定文化財
4)龍図:市指定文化財 八代藩主・戸田氏庸作
5)芭蕉句碑

画像
                       水門川

画像
                        全景

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                       六地蔵

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                      戸田家廟所

画像
                     門前の芭蕉句碑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

円通寺 (岐阜県大垣市) 大垣藩主・戸田家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる