お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 源盛院 (三重県木曽岬町) 芭蕉句碑

<<   作成日時 : 2013/05/11 09:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1689年芭蕉は奥の細道紀行の最終地・大垣で曽良の出迎えを受けて、
長島の大智院で逗留しているが、その時に木曽岬まで足を運んだかどうかは
定かでないが、木曽岬には江戸時代に建てられた芭蕉句碑が2基ある。
その一つが1694年に詠んだ
 <青柳の泥にしだるる潮干かな>である。
1758年俳人・富田松州が句碑を源盛院に建立している。

源盛院の開創は不詳であるが、1653年には知多半島の真言宗の
お寺であったが、1656年に現在地に移り曹洞宗に変わっている。

(1)寺名:源盛院(げんせいいん) (2)住所:三重県木曽岬町和泉5
(3)山号:富田山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)中興:富田彦兵衛 1656年 (7)本尊:釈迦牟尼

画像
                        全景

画像
                       芭蕉句碑

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

源盛院 (三重県木曽岬町) 芭蕉句碑 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる