お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 慈光寺 (大阪府交野市) 十三仏板碑

<<   作成日時 : 2013/04/29 09:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

板碑は全国に分布しているが、特に関東に多いのでは。
その中で十三仏板碑には2種類が見られる。
一つは仏の姿を浮き彫りにした板碑、他は仏の種子(梵字)を陰刻した
板碑であるが、前者は関西・生駒山系界隈に多く見られる。
関東の多くの十三仏板碑は後者のものである。
ほとんどの十三仏板碑は南北朝時代以降に建立されている。

慈光寺の十三仏板碑は1607年の銘があり、その保存状態は
良好である。
慈光寺の開創もその頃と伝えられている。

(1)寺名:慈光寺(じこうじ) (2)住所:大阪府交野市星田3−1−1
(3)山号:繁栄山 (4)宗派:西山浄土宗
(5)開山:旦玉 (6)開創:1596〜1615年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)十三仏板碑:1607年
2)石造阿弥陀如来立像:室町時代初期

画像
                        山門

画像
                      十三仏板碑

画像
                     石造阿弥陀如来

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

慈光寺 (大阪府交野市) 十三仏板碑 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる