お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本広寺 (和歌山県新宮市) 新宮城主・水野家の菩提寺

<<   作成日時 : 2013/04/14 15:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

南北朝中期以降に熊野を統治した七人衆の一人・新宮行栄が1591年に
堀内氏に滅ぼされるが、その新宮氏の屋敷跡に開創された法華寺が
本広寺の始まりである。
1678年新宮城主・水野重上が水野家の菩提寺として再興し、
本広寺としている。

境内には、江戸時代の茶人・川上不白(新宮出身)が妙法蓮華経印塔を
建立している。
本堂が修復中で庭園は拝観できていない。

(1)寺名:本広寺(ほんこうじ) (2)住所:和歌山県新宮市新宮656
(3)山号:恵雲山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開創:1596年 (6)本尊:十界曼荼羅
(7)その他
1)書写妙法蓮華経印塔:県指定史跡 1797年
2)新宮氏屋敷跡:市指定史跡
3)十界互具像16躯:市指定文化財 江戸時代

画像
                        山門

画像
                        石碑

画像
                        本堂

画像
                   書写妙法蓮華経印塔

画像
                       祖師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本広寺 (和歌山県新宮市) 新宮城主・水野家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる