お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 正法寺 (福井県小浜市) 若狭三十三観音霊場第22番

<<   作成日時 : 2013/04/10 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小浜市西部の後瀬山麓一帯を小浜西組と呼んで、多くの神社仏閣が
集まっているが、その一画にこじんまりと建つ正法寺の本尊には逸話
がある。
室町時代に、地元の長が海中に光輝くのを見て、海中に入り仏像を
拾い上げ、上山にお堂を設けて祀ったのが正法寺の如意輪観音と
伝承されている。
この如意輪観音像は、鎌倉時代に白鳳時代の金銅仏を模して
造られたと考えられている。

(1)寺名:正法寺(しょうぼうじ) (2)住所:福井県小浜市小浜大原37−1
(3)山号:上野山 (4)宗派:真言宗泉涌寺派
(5)開創:1449年 (6)本尊:如意輪観音
(7)その他
1)若狭三十三観音霊場第22番  如意輪観音
2)如意輪観音半跏像:県指定文化財 像高57cm

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

正法寺 (福井県小浜市) 若狭三十三観音霊場第22番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる