お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷田寺 (福井県小浜市) 若狭国第2の御願所

<<   作成日時 : 2013/03/24 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

谷田寺は、721年白山信仰の開祖・泰澄大師によって開創されたと
伝えられ、その後大寺となり、鎌倉時代には若狭国分寺に次いで
第2の御願所(祈願所)となっている。
その当時は大いに栄えたといわれている。
現在は、往時の隆盛を想像させる境内の広さと文化財に指定された
多くの仏像群が残っている。

山門から本堂までの参道を歩くと往時が偲ばれる。

(1)寺名:谷田寺(たんだいじ) (2)住所:福井県小浜市谷田部24−4
(3)山号:普門山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:泰澄 (6)開創:721年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)仏像
  本尊・千手観音立像:重要文化財 鎌倉時代 像高179cm
  脇侍・毘沙門天立像:重要文化財 鎌倉時代 像高136cm
  脇侍・不動明王立像:重要文化財 鎌倉時代 像高131cm
  大黒天立像:市指定文化財 南北朝時代 像高52cm
  金剛力士立像(仁王像)2躯:市指定文化財 鎌倉時代 像高226、227cm
2)狛犬2躯:市指定文化財 藤原時代
3)仏涅槃図:県指定文化財 鎌倉時代

画像
                     山門(仁王門)

画像
                       仁王像

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                       収蔵庫

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

谷田寺 (福井県小浜市) 若狭国第2の御願所 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる