お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 神通寺 (福井県小浜市) 若狭三十三観音霊場第17番

<<   作成日時 : 2013/03/10 12:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

古墳時代後期の検見坂古墳群の中にある神通寺は、713年行基が
若狭彦神社などを詣でた際に開創したと伝えられている。
1368年兵火で焼失したが、1415年に再興されている。
小高い所にあるので、参道と山門の構えが妙をなし、山門横の
閻魔堂に安置された色鮮やかな閻魔さんが出迎えてくれる。
境内も整備され、心よいお参りができる。

(1)寺名:神通寺(じんつうじ) (2)住所:福井県小浜市遠敷56−2
(3)山号:龍雲山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:行基 (6)開創:713年
(7)中興:大円宗智 1415年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)若狭三十三観音霊場第17番  千手観音

画像
                        遠景

画像
                     参道脇の樹木

画像
                        山門

画像
                       閻魔さん

画像
                        境内

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

神通寺 (福井県小浜市) 若狭三十三観音霊場第17番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる