お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 生源寺 (滋賀県大津市坂本) 伝教大師最澄誕生の地

<<   作成日時 : 2013/01/08 09:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

比叡山延暦寺の開祖・伝教大師最澄は767年古市郷(現在の大津市膳所近辺)
で生まれたとする説と坂本の説があるが、延暦寺では坂本の生源寺の地で
誕生したと伝えられている。
最澄の父・三津首百枝の居館跡に最澄が生源寺を開創したと伝えられている。
境内には最澄産湯の井戸といわれる旧跡が残っている。

それほど広くない境内であるが、イチョウの大木や井戸跡などそれらしき
風景を醸し出している。

(1)寺名:生源寺(しょうげんじ) (2)住所:滋賀県大津市坂本6−1−17
(3)山号:比叡山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:伝教大師最澄 (6)開創:延暦年間(782〜806年)
(7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)びわ湖百八霊場・近江湖西27名刹第8番
2)山王本地仏像図:市指定文化財 鎌倉時代

画像
                       山門

画像
                     最澄幼少像

画像
                     産湯の井戸

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

生源寺 (滋賀県大津市坂本) 伝教大師最澄誕生の地 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる