お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 松源寺 (福井県小浜市) 尊皇攘夷論者・梅田雲浜の菩提寺

<<   作成日時 : 2013/01/30 09:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小浜出身の尊皇攘夷論者であった梅田雲浜は安政の大獄で摘発され、
江戸に送られてから獄中で病死している。
東京の海禅寺に葬られたが、1970年に分骨され松源寺に納骨された。
雲浜の活動は、吉田松陰などの活動と同様に倒幕の先駆けとなった。

松源寺の開創は不詳であるが、1684年頃には存在していたといわれる。
門前には梅田雲浜の像が迎えてくれる。

(1)寺名:松源寺(しょうげんじ) (2)住所:福井県小浜市北塩屋14−6
(3)山号:望雲山 (4)宗派:臨済宗南禅寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:十一面観音
(7)その他
1)若狭三十三観音霊場第15番

画像
                        山門

画像
                      梅田雲浜像

画像
                     梅田雲浜墓碑

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

松源寺 (福井県小浜市) 尊皇攘夷論者・梅田雲浜の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる