お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 松福寺 (福井県小浜市) 若狭三十三観音霊場第13番

<<   作成日時 : 2013/01/19 09:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1475年越前吉崎御坊を出た蓮如上人は若狭小浜の松福寺境内の裏に
広がる新小松原の海岸に着き、数十日間小浜に滞在し、丹波を経由して
河内出口(枚方市)の出口坊に入っている。

松福寺は1532年開創され、1624年再興されて曹洞宗になっている。
観音堂に祀られる聖観音は藤原時代の作で、小浜市の文化財に指定
されている。
境内は禅寺らしく整備され塵一つない風景である。

(1)寺名:松福寺(しょうふくじ) (2)住所:福井県小浜市新小松原1−13
(3)山号:宝祥山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:不睡法師 (6)宗派:曹洞宗 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)若狭三十三観音霊場第13番  聖観音
2)聖観音立像:市指定文化財 藤原時代 像高100cm

画像
                     新小松原海岸

画像
                        山門

画像
                        南門

画像
                      化粧地蔵尊

画像
                        境内

画像
                   観音堂(左)本堂(正面)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

松福寺 (福井県小浜市) 若狭三十三観音霊場第13番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる