お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 常禅寺 (福井県おおい町) 波切不動

<<   作成日時 : 2012/12/24 09:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

若狭湾大島半島の大島漁港を見下ろす高台に建つ常禅寺の不動明王像は、
波切不動と呼ばれて地元漁師の篤い信仰を受けている。
この不動明王坐像は藤原時代の作であるが、京都・東寺の不動明王坐像に
よく似ているといわれている。
この像はもともとは向いの高台の不動堂に祀られていたらしい。
無住のお寺であるが、地元の人達によって護られている。

(1)寺名:常禅寺(じょうぜんじ) (2)住所:福井県おおい町大島114−1
(3)山号:潮音山 (4)宗派:臨済宗相国寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:聖観音
(7)その他
1)不動明王坐像:重要文化財 藤原時代 像高98cm

画像
                       大島漁港

画像
                        全景

画像
                    本堂(左)収蔵庫(右)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

常禅寺 (福井県おおい町) 波切不動 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる