お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 海元寺 (福井県おおい町) 若狭三十三観音霊場第27番

<<   作成日時 : 2012/11/29 10:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

おおい町南部の父子集落に建つ海元寺は、おおい町石山の山岳にあった
石山城の城主・武藤友益(若狭武田氏の家老)の菩提を弔うために1533年
開創されている。
石山城の築城年代は不詳であるが、在地の豪族・武藤氏によって築城されて
いる。

小川に架かる赤橋からまっすぐ石段を登った正面に、仁王像を安置した
本堂が建ち、すっきりした山寺の雰囲気を漂わせている。

(1)寺名:海元寺(かいげんじ) (2)住所:福井県おおい町父子29−2
(3)山号:梵音山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:助山文佐 (6)開創:1533年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)若狭三十三観音霊場第27番

画像
                        参道

画像
                       仁王像

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

海元寺 (福井県おおい町) 若狭三十三観音霊場第27番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる