お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 安楽寺 (愛知県蒲郡市) 家康の母・於大の方ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2012/08/19 09:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1543年於大の方は松平広忠の長子として竹千代(家康)を出産したが、
1544年松平から離縁され、久松俊勝と再婚している。
その後も家康は於大の方とは音信を絶やさず、桶狭間の戦い以降、
母として迎え入れている。
1587年久松俊勝が亡くなると、翌年於大の方は久松氏の菩提寺・安楽寺で
剃髪し、伝通院と号して2年間安楽寺で俊勝の菩提を弔っている。

安楽寺は1408年開創され、1562年久松俊勝は久松家の菩提寺
としている。
於大の方ゆかりの寺として大いに栄えたといわれている。

なお、近くに推定樹齢千年といわれる<清田の大楠>があり、この
一帯がクスノキの樹林であった名残である。
山号もこのクスノキ樹林から付けられている。

(1)寺名:安楽寺(あんらくじ) (2)住所:愛知県蒲郡市清田町門前4
(3)山号:楠林山 (4)宗派:浄土宗西山深草派
(5)開山:龍芸 (6)開基:昭邦 (7)開創:1408年 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)市指定文化財
  阿弥陀如来立像:鎌倉時代 像高78cm
  大黒天立像:江戸時代 像高40cm
  山門:1752年
  宝篋印塔:安土桃山時代
  雲版:1429年
  久松長家寄進状:1565年
  伊奈忠次寄進状:1601年
2)参考
  清田の大楠:国指定天然記念物 推定樹齢千年

画像
                        総門

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       宝篋印塔

画像
                      清田の大楠

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

安楽寺 (愛知県蒲郡市) 家康の母・於大の方ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる