お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 念仏寺 (奈良県奈良市) 徳川家康ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2012/07/21 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1614年大坂冬の陣の折、木津の戦いで真田幸村軍に破れ奈良に入り、
この地の山の寺で桶屋の棺に隠れて九死に一生を得たと伝承されている。
山の寺とは開化天皇陵の守護寺で、後に1622年家康の末弟・松平定勝が
袋中上人を開山として念仏寺として開創している。
松平定勝の供養塔もある。

開化天皇陵の傍にあって、奈良の市街地の真中にあることを感じさせない。

(1)寺名:念仏寺(ねんぶつじ) (2)住所:奈良県奈良市漢国町7
(3)山号:降魔山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:袋中 (6)開基:松平定勝
(7)開創:1622年 (8)本尊:阿弥陀如来

画像
                        北門

画像
                        境内

画像
                       御陵の森

画像
                        本堂

画像
                     松平定勝供養塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

念仏寺 (奈良県奈良市) 徳川家康ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる