お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 太平寺 (愛知県豊橋市) 豊橋の臨済宗三大寺

<<   作成日時 : 2012/07/18 08:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊橋の臨済宗三大寺(太平寺・東観音寺・正宗寺)の一つに数えられる
太平寺は、1169年に真言宗のお寺として開創され、延元年間(1336〜
1340年)に臨済宗のお寺になっている。
臨済宗のお寺としても古刹の部類に入るだろう。

参道のイチョウは推定樹齢が300年以上と古木であり、その参道の
趣が太平寺の古刹を象徴しているようだ。

(1)寺名:太平寺(たいへいじ) (2)住所:愛知県豊橋市老津町東高縄204
(3)山号:長松山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:1169年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)梵鐘:市指定文化財 1495年
2)その他市指定文化財
  旧本堂襖絵:1836年 恩田石峰筆
  大休禅師像(画):1545年
  金剛般若経:朝鮮高麗
  寺領坪付:1549年
  雪叟詩集:戦国時代
3)イチョウ:市指定保存樹 推定樹齢300年以上

画像
                       参道入口

画像
                        参道

画像
                       イチョウ

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       観音堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

太平寺 (愛知県豊橋市) 豊橋の臨済宗三大寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる