お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧大乗院 (奈良県奈良市) <名勝>庭園

<<   作成日時 : 2012/05/20 16:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

興福寺の塔頭で、門跡寺院であった大乗院は1869年の廃仏毀釈によって
廃寺となったが、庭園は残され、1995年の発掘調査により2010年復元が
完了し、一般公開されている。
南都随一の庭園といわれ、国の名勝に指定されている。

大乗院は1087年に創建され、住職は摂関家などから出て門跡寺院と
なった。室町時代に最盛期を迎え、その後徐々に衰退していった。
1869年に廃寺となっている。

(1)寺名:大乗院(だいじょういん) 
(2)庭園の住所:奈良県奈良市高畑町1083−1
(3)宗派:法相宗興福寺塔頭
(4)開基:隆禅 (5)開創:1087年 (6)本尊:釈迦如来
(7)その他
1)庭園:国指定名勝 15世紀中頃善阿弥作

画像
                        庭園

画像
                        庭園

画像
                        石碑

 
<陶芸空間>
       トルコ青花瓶
(1)素地粘土:磁器土
(2)釉薬:トルコ青マット釉 スプレー噴霧

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

旧大乗院 (奈良県奈良市) <名勝>庭園 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる