お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 南専寺 (福井県大野市下唯野) 永平寺から移された唐門

<<   作成日時 : 2012/04/11 09:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

南専寺の山門である唐門は1780年頃に永平寺から移し整備されたといわれ、
棟木には1672年の銘があり、装飾豊かな唐門で大野市の文化財に
指定されている。
また、本堂裏手の池泉回遊式庭園は近年整備され市の名勝に指定されて
いる。

南専寺は、1475年頃井波瑞泉寺の支坊が唯野村に開創されたことに
始まるといわれている。
1503年に南専寺となり、江戸時代初期に現在地に移っている。

(1)寺名:南専寺(なんせんじ) (2)住所:福井県大野市下唯野18−10
(3)山号:杉谷山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開山:兼鎮 (6)開創:1475年頃 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)山門:県指定文化財 1780年 向唐門
2)庭園:市指定名勝 江戸時代中期

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        庭園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

南専寺 (福井県大野市下唯野) 永平寺から移された唐門 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる