お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 転法輪寺 (兵庫県神戸市垂水区) 垂水の古刹

<<   作成日時 : 2012/03/31 09:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

806年平城天皇が即位後病気になられ、病気平癒の祈願寺として
現在の垂水区青山台(通称ジェームス山)に創建されたのが転法輪寺の
始まりと伝えられている。
<創建したのが在原行平と説明されているが、年代が整合しない>
伽藍も広く大寺であったといわれている(千坊ヶ谷廃寺として瓦などが
出土したらしい)
1223年現在地に移っている。

参道の両側は原生林が残り、この辺では貴重な自然として兵庫県の
天然記念物となっている。
毎年1月7日に追儺式(鬼追式)が行われる。

(1)寺名:転法輪寺(てんぽうりんじ)
(2)住所:兵庫県神戸市垂水区名谷町2089
(3)山号:龍華山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:806年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)本尊・阿弥陀如来坐像:重要文化財 藤原時代 像高142cm
2)原生林:県指定天然記念物

画像
                        参道

画像
                       原生林

画像
                        庫裡

画像
                        境内

画像
                       阿弥陀堂

画像
                        本堂

画像
                       大師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

転法輪寺 (兵庫県神戸市垂水区) 垂水の古刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる