お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 無二寺 (大阪府池田市) 和泉式部ゆかりの地

<<   作成日時 : 2012/02/23 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

和泉式部が平井保昌の妻となって、現在の池田市古江の地に住んで
いたといわれ、夫が狩りに出かける時に詠んだといわれる歌
<ことわりやいかでか鹿の鳴かざらんこよひ限りの命と思へば>
によって、保昌はこれ以降狩りに出かけなかったという伝承がある。
和泉式部塔が無二庵にあったらしいが、無二庵と無二寺が同じか
どうかは判然としない。
墓地には1349年造立された立派な宝篋印塔があり、これが
和泉式部塔とも伝承されている。

無二寺は、廃寺となった等覚寺の跡地に1462年に開創されたと伝えられいる。

(1)寺名:無二寺(むにじ) (2)住所:大阪府池田市古江町387
(3)山号:鼓瀧山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:曇清 (6)開創:1462年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)宝篋印塔:府指定文化財 1349年 高さ205cm

画像
                        全景

画像
                       宝篋印塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

無二寺 (大阪府池田市) 和泉式部ゆかりの地 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる