お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光寺 (兵庫県南あわじ市) 聖徳太子ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2012/01/19 09:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

613年聖徳太子が淡路島を訪れた際、慶野浜で如意輪観音を授かり
それを祀るために堂宇を建立してと伝えられている。
<中の御堂>がその地だともいわれている。
これが日光寺の始まりといわれている。
その後盛衰を経て、元亨年間(1321〜24年)に一阿上人が再興し、
浄土宗の寺として復興している。
墓地にある五輪石塔(1322年銘)は一阿上人の碑ともいわれている。

日光寺に伝わる銅鐸(銅舌付)は1686年に<中の御堂>から出土
した8個の銅鐸の一つである。銅舌を伴う銅鐸は非常に珍しいとのこと。

(1)寺名:日光寺(にっこうじ) (2)住所:兵庫県南あわじ市松帆櫟田196
(3)山号:法性山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:613年
(7)中興:一阿上人 1321〜24年 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)銅鐸:重要文化財 銅舌付き
2)五輪石塔:県指定文化財 1322年
  宝篋印塔4基:県指定文化財 南北朝時代
3)ビャクシン:推定樹齢700年
4)参考
  中の御堂:県指定史跡

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                      ビャクシン

画像
                    五輪石塔・宝篋印塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

日光寺 (兵庫県南あわじ市) 聖徳太子ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる