お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬鳴山七宝瀧寺 (大阪府泉佐野市) 葛城修験道の根本道場

<<   作成日時 : 2011/12/11 10:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊かな自然と犬鳴山温泉で知られる犬鳴川渓谷にある七宝瀧寺は、
661年役行者(役小角)が大峰山山上ヶ岳より6年早く開創したと
伝えられ、葛城山系の葛城修験道の根本道場として栄えたといわれる。
盛衰を繰り返し、明治時代には修験道の禁止により廃れたが1950年
に再興され、葛城修験道の道場として復活している。

本尊倶利伽羅不動明王は古くから運気の守護や命乞いの不動尊
として信仰を集め、現在でも厄除けなどご利益を求めて参拝する
人が絶えない。
滝などの渓谷美・自然の生気を求める人々も多く、大阪南部の
観光地ともなっている。

(1)寺名:七宝瀧寺(しっぽうりゅうじ) (2)住所:大阪府泉佐野市大木8
(3)山号:犬鳴山 (4)宗派:真言宗犬鳴派大本山
(5)開山:役行者 (6)開創:661年 (7)本尊:不動明王
(8)その他
1)神仏霊場巡拝の道第54番
2)文化財
  剣:府指定文化財 鎌倉時代
  尊勝曼荼羅図:市指定文化財 
  不動明王二童子図:市指定文化財
  不動明王八大童子図:市指定文化財
  銅鉢:市指定文化財
3)犬鳴山:府指定名勝

画像
                       行者の滝

画像
                       観音堂

画像
                       不動尊

画像
                        参道

画像
                       清滝堂

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

犬鳴山七宝瀧寺 (大阪府泉佐野市) 葛城修験道の根本道場 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる