お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 安楽寺 (和歌山県有田川町) <重文>多宝小塔

<<   作成日時 : 2011/10/16 19:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

有田川上流二川の山麓にある安楽寺に安置される多宝小塔は
高さが2m弱の屋内用の多宝塔で大日如来が祀られている厨子
である。瓦に見立てた部材は女竹を使用しており非常に珍しい
多宝小塔であり、また重要文化財に指定された類例の少ない
多宝小塔といえよう。
残念ながら訪問時には拝観がかなわず説明のみを窺った。

安楽寺の開創は不詳であるが、南北朝時代頃と伝えられている。
1359年に南朝方の四条隆俊が逃れる途中に一時身を寄せた
とも伝えられている。

(1)寺名:安楽寺(あんらくじ) (2)住所:和歌山県有田川町二川428
(3)山号:光明山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 南北朝時代 (6)本尊:大日如来
(7)その他
1)多宝小塔:重要文化財 南北朝時代 高さ197cm

画像
                       表門

画像
                       本堂

画像
                      阿弥陀堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

安楽寺 (和歌山県有田川町) <重文>多宝小塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる