お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 松尾寺 (長野県安曇野市) <重文>薬師堂

<<   作成日時 : 2011/10/13 09:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

遠く北アルプスを背に杉林の中にポツンと建つ薬師堂(本堂)は松尾寺の
創建時1528年に建立されたと考えられている。
屋根は茅葺から茅葺形銅板葺になっているが往時の姿が想像できる。
安曇の領主であった仁科氏によって松尾寺は開創され薬師堂が
建立されている。
明治時代の廃仏毀釈により廃寺同然となったが大正元年に再興されている。

近くには<鐘の鳴る丘>もあり、一帯が松尾寺山公園となっている。

(1)寺名:松尾寺(まつおじ) (2)住所:長野県安曇野市穂高有明7327
(3)山号:鶴王山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:仁科氏 (6)開創:1528年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)薬師堂(本堂):重要文化財 1528年頃

画像
                        参道

画像
                    <重文>薬師堂

画像
                    <重文>薬師堂

画像
                    <重文>薬師堂

画像
                       水芭蕉

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

松尾寺 (長野県安曇野市) <重文>薬師堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる