お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊乗寺 (鳥取県智頭町) 鳥取の名刹

<<   作成日時 : 2011/09/28 12:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

鳥取県智頭町の中心部から西にある籠山(905m)山麓の木々に
覆われた豊乗寺は、嘉祥年間(845〜851年)に弘法大師の実弟・真雅僧正
によって開創されたと伝えられている。
僧坊12を数える大寺として栄えたといわれているが、1580年豊臣秀吉による
鳥取城侵攻の際に兵火により焼失している。
寛永年間(1624〜43年)に再興されたが、かっての面影は戻ってこず、
現在は静かな山中にひっそりと佇んでいる。

お寺に伝わる寺宝には、<国宝>普賢菩薩像(画)・<重文>毘沙門天立像
など多くの文化財がある。
これらの文化財がどのように伝来したかは不明らしい。

是非訪れたい名刹であろう。

(1)寺名:豊乗寺(ぶじょうじ) (2)住所:鳥取県智頭町新見73
(3)山号:宇谷山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:真雅僧正 (6)開創:845〜851年 (7)本尊:無量寿如来
(8)その他
1)絵画
  普賢菩薩像:国宝 平安時代後期
  楊柳観音像:重要文化財 高麗元代
  不動明王像:県指定文化財 鎌倉時代
  両界曼荼羅図:県指定文化財 鎌倉時代
  その他6点の仏画:町指定文化財
2)仏像
  毘沙門天立像:重要文化財 藤原時代 像高66cm
  阿弥陀如来立像:町指定文化財
3)伽藍
  大師堂:県指定文化財 1782年 茅葺
  山門:県指定文化財 1744年
4)樹林
  大杉:県指定天然記念物 樹高30m
  高野槇:鳥取の名木100選

画像
                        参道

画像
                        外観

画像
                        山門

画像
                        山門

画像
                       仁王像

画像
                        本堂

画像
                       大師堂

画像
                       高野槇

画像
                        大杉

画像
                        庭園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

豊乗寺 (鳥取県智頭町) 鳥取の名刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる