お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 善光寺 (長野県長野市) (3)景物

<<   作成日時 : 2011/09/17 09:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ぜ善光寺境内入口から石畳の参道を仁王門、三門、本堂、本堂裏と
歩いて種々の仏や景物を探索してみよう。

(1)参道石畳:参道入口から三門までの400m石畳は1714年
         三門から本堂までの石畳は1713年
画像
                 参道入口から仁王門への石畳


(2)如来堂跡地蔵尊:善光寺開創から1700年まで如来堂(本堂)があった跡地
         (仁王門と三門の中間西側)に安置された延命地蔵尊
画像
                      延命地蔵尊

(3)六地蔵:1759年に造立されたが、1954年に再造立
        (三門前東側)
画像
                       六地蔵尊

(4)濡仏:1722年に造立された延命地蔵尊
       (三門前東側)
画像
                        濡仏

(5)陶製燈籠:明治時代に瀬戸(愛知県)から寄贈
         (本堂前左右)
画像
                       陶製燈籠

(6)大香炉:1955年製(本堂前中央)
画像
                       大香炉

(7)親鸞聖人像:1214年親鸞聖人は越後から関東へ向う途中百日間逗留
           (本堂前西側)
画像
                      親鸞聖人像

(8)爪彫如来像:親鸞聖人が逗留中に爪で彫ったと伝わる。
           (経蔵の西側)
画像
                      爪彫如来像

(9)回向柱:前立本尊ご開帳の時に立てられた歴代の回向柱
        (経蔵の西側)
画像
                       回向柱

(10)宝篋印塔:源義経の家臣・佐藤兄弟の供養塔と伝えられる。1397年造。
          (本堂前西側)
画像
                       宝篋印塔

(11)高尾燈籠:江戸吉原の遊女・高尾太夫の供養のために造られたと伝える。
           (本堂裏手)
画像
                       高尾燈籠

(12)松代藩主真田家の供養塔:松代藩主真田家は江戸時代を通して善光寺に
            帰依し護持していた。現在も回向柱は松代町から寄進される。
            (本堂裏手)
画像
                   松代藩主真田家の供養塔

(13)徳川家大奥の供養塔:前立本尊の江戸出開帳の時には江戸城内に
            も出開帳が行われ大奥の信仰を集めた。
            (本堂裏手)
画像
                      大奥の供養塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

善光寺 (長野県長野市) (3)景物 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる