お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 歓喜院 (兵庫県三木市吉川町) <重文>聖天堂

<<   作成日時 : 2011/09/11 09:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

三木市吉川町の赤松山(190m)麓に建つ歓喜院聖天堂は、鎌倉時代末期に
赤松則村(円心)が築いた毘沙門城の後の城主藤田氏が城の鎮守として
1411年建立したのではないかと推定されている。
現在は覆屋の中に保護されている。

元禄年間(1688〜1704年)に禅僧が歓喜天を祀って歓喜院を開創し、
三木市の雲龍寺末寺となって維持管理している。

(1)寺名:歓喜院(かんきいん) (2)住所:兵庫県三木市吉川町毘沙門557
(3)山号:赤松山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:元禄年間(1688〜1704年) (6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)聖天堂:重要文化財 1411年

画像
                   <重文>聖天堂

画像
                   <重文>聖天堂

画像
                     聖天堂覆屋

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

歓喜院 (兵庫県三木市吉川町) <重文>聖天堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる