お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 浄光寺 (長野県小布施町) <重文>薬師堂

<<   作成日時 : 2011/08/26 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

乱積の石段を150段ほど登った境内の最奥に建つ薬師堂は
2007年に新しく茅を葺き替えた姿で迎えてくれる。
昭和の大修理の際に、組物に<応永15年2月薬師堂作(1408年)>
の銘が、また薬師如来の胎内から<応永16年(1409年)>
の銘が発見され、600年の年月を絶えてきた重みを残している。
薬師如来は<雁田薬師>と呼ばれ、縁結びのお薬師さんとして
信仰を集めている。

浄光寺の開創は730年と伝えられ、809年坂上田村麻呂が堂宇を
建立したと伝えられる古刹である。
小布施の町は多くの観光客が訪れるが、浄光寺と岩松院もその
影響で賑わっている。

(1)寺名:浄光寺(じょうこうじ)<別称:雁田薬師>
(2)住所:長野県小布施町雁田676
(3)山号:浄瑠璃山 (4)宗派:真言宗豊山派
(5)開山:玄明 (6)開創:730年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)薬師堂:重要文化財 1408年 茅葺
2)薬師如来坐像:県指定文化財 1409年
  日光・月光菩薩立像:町指定文化財 1409年
  十二神将立像:町指定文化財 1409年
  金剛仏:町指定文化財 14世紀
3)薬師堂壁画:町指定文化財 1408年
4)小林一茶句碑:山寺や畳の上の栗拾い
            大栗は猿の薬札と見へにけり
5)霊水:湧水

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                    <重文>薬師堂

画像
                    <重文>薬師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

浄光寺 (長野県小布施町) <重文>薬師堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる