お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 安養寺 (鳥取県米子市) 後醍醐天皇内親王ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2011/08/25 09:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1332年後醍醐天皇が隠岐に流される時、天皇の内親王・瓊子も一緒に
隠岐へ渡ろうとしたが、それが適わず米子のこの地に留まり父の帰りを
待つことにした。
出家して安養尼となり、安養寺を開創し、8年後の24歳で安養寺で
亡くなっている。
現在も皇族墓所として残っている。

(1)寺名:安養寺(あんにょうじ) (2)住所:鳥取県米子市福市724
(3)山号:会見山 (4)宗派:時宗 
(5)開基:安養尼 (6)開創:1332年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)後醍醐天皇瓊子内親王の御陵
2)安養寺資料:市指定文化財

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                      後醍醐天皇社

画像
                     瓊子内親王御陵

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

安養寺 (鳥取県米子市) 後醍醐天皇内親王ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる