お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 東光寺 (兵庫県西宮市) 門戸厄神

<<   作成日時 : 2011/08/14 15:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東光寺は通称・門戸厄神と呼ばれ、厄除け信仰の篤いお寺で、参拝者が
絶えない信仰のお寺である。
厄神堂に祀られる厄神明王は、愛染明王と不動明王が一体となった明王
で、嵯峨天皇の厄年の時、弘法大師空海が愛染明王と不動明王が一体と
なって災禍を払う夢幻を感得し、一体像を3体刻んで、その内の1体を
ここ東光寺に祀ったと伝えられている。

毎年1月18・19日の厄除大祭は、西宮えびすとともに西宮の風物詩と
なっている。
また、毎月19日は縁日となっている。

(1)寺名:東光寺(とうこうじ)<通称:門戸厄神>
(2)住所:兵庫県西宮市門戸西町2−26
(3)山号:松泰山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:829年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)西国薬師霊場第20番

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                       中楼門

画像
                        境内

画像
                       厄神堂

画像
                       薬師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東光寺 (兵庫県西宮市) 門戸厄神 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる