お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大舟寺 (兵庫県三田市) カヤの大木

<<   作成日時 : 2011/06/10 19:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6世紀の敏達天皇の代(572〜585年)に百済の王に仕えた日本人・日羅上人が
大船山(653m)の頂上に舟寺を築いたのが現在の大舟寺の始まりと伝えられて
いるが詳細は不詳である。
古文書によると、その舟寺をいつごろか麓に移され、1677年子別伝禅師が
黄檗宗・萬福寺3代住持の慧林禅師を開山に勧請して大舟寺を新たに開創
している。
大船山への参道には南北朝時代と考えられる町石が残され、大船山にお寺が
あったことは事実であろうと考えられている。

境内に聳えるカヤの大木は見事なもので、茅葺の鐘楼堂・庫裡などと
調和した風景が山里に展開している。

(1)寺名:大舟寺(だいしゅうじ) (2)住所:兵庫県三田市波豆川605−1
(3)山号:式廬山 (4)宗派:黄檗宗
(5)開山:慧林禅師 (6)開基:子別伝禅師
(7)開創:1677年 (8)本尊:聖観音
(9)その他
1)カヤの木:県指定天然記念物 推定樹齢800年以上

画像
                       山門

画像
                       参道

画像
                      カヤの木

画像
                      カヤの木

画像
                      鐘楼堂

画像
                       境内

画像
                       庫裡

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大舟寺 (兵庫県三田市) カヤの大木 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる