お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法住寺 (長野県上田市) <重文>虚空蔵堂

<<   作成日時 : 2011/04/12 09:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

上田市から松本市に到る国道254号線沿いの独鈷山(1266m)南麓にある
法住寺は、平安時代初期の開創と伝えられているが詳細は不詳である。
虚空蔵菩薩信仰が非常に篤くこの地域の信仰の中核をなしている。
<重文>虚空蔵堂は1486年に再建され、和様の建築様式であるが
懸魚などは禅宗様を取り入れている。

(1)寺名:法住寺(ほうじゅうじ) (2)住所:長野県上田市東内4313
(3)山号:金峰山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:慈覚大師円仁 (6)開創:859〜876年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)虚空蔵堂:重要文化財 1486年 柿葺
  厨子:重要文化財 室町時代

画像
                       山門

画像
                       参道

画像
                   <重文>虚空蔵堂

画像
                   <重文>虚空蔵堂

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法住寺 (長野県上田市) <重文>虚空蔵堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる