お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍華寺 (静岡県静岡市清水区) 蘇鉄とサボテンの寺

<<   作成日時 : 2011/02/10 09:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

山門を潜ると目の前に鯉の泳ぐ池泉回遊式の庭園が広がり、まず心を
和ませてくれる。
庭園を回遊し、本堂前の境内に登ると一面の大蘇鉄とサボテンが目に
飛び込んでくる。蘇鉄は千年以上の樹齢といわれ、日本三大蘇鉄の一つに
数えられており、国の天然記念物に指定されている。
サボテンと共に中国上海の龍華寺から移植されたといわれている。
サボテンは推定樹齢300年といわれ、根元は木化している。

<日本三大蘇鉄(諸説あり)青字の寺名をクリック参照>
  龍華寺(静岡市)、妙国寺(堺市)、 松屋寺(大分県日出町) 

大蘇鉄の前には<観富園>と名付けられた須弥山式の庭園が展開し
富士山を望む風景はこの上なし。
明治時代の文豪・高山樗牛がここを菩提寺にしたのも肯ける。

(1)寺名:龍華寺(りゅうげじ) (2)住所:静岡県静岡市清水区村松2085
(3)山号:観富山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開山:日近上人 (6)開創:1670年 (7)本尊:釈迦如来
(8)その他
1)高山樗牛の菩提寺
2)ソテツ:国指定天然記念物 推定樹齢1100年 日本三大ソテツ
 サボテン:市指定天然記念物 推定樹齢300年
3)庭園(観富園):市指定名勝
4)松の古木:荒川松、亀松

画像


画像
                       山門
                 写真の続きはココをクリック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

龍華寺 (静岡県静岡市清水区) 蘇鉄とサボテンの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる