お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光福寺 (静岡県静岡市清水区) 最古級の鉄筋コンクリート造り本堂

<<   作成日時 : 2011/01/30 11:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本のお寺も最近鉄筋コンクリート造りの堂宇が増えてきているが、ここ
光福寺の本堂は1927年に完成した日本でも最古級の本堂と言えよう。
最古の鉄筋コンクリート造りの寺院建築は、函館にある東本願寺函館別院の
1915年築の本堂といえよう。
しかし、光福寺の本堂は和様ではなく、天竺様に近い姿が特徴となっている。
この設計は著名な建築家ではなく地元の建設業者だということで、より一層の
興味をそそられる。

(1)寺名:光福寺(こうふくじ) (2)住所:静岡県静岡市清水区柏尾97
(3)山号:梅ヶ谷山 (4)宗派:臨済宗
(5)開創は不詳 1881年真珠院(近隣にある)から独立
(6)本尊:不明
(7)その他
1)本堂:県指定文化財 1927年 鉄筋コンクリート造り
2)懸仏15面:市指定文化財

画像
                       本堂

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光福寺 (静岡県静岡市清水区) 最古級の鉄筋コンクリート造り本堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる