お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大練寺 (滋賀県大津市) 練貫の井

<<   作成日時 : 2010/12/20 09:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

滋賀県大津市の琵琶湖疏水の近くにある大練寺は876年円海和尚によって
開創されたと伝えられている。
境内には<大津三名水>の一つ練貫水の井戸があったが、1887年の
琵琶湖疏水の掘削工事で水脈が切断され、現在は井跡が残されている。
伝承では天智天皇はこの水で練った絹の衣を着用されたことから、この
水を練貫水と呼んだといわれている。
また、豊臣秀吉はこの水で点てたお茶を好んだといわれている。

<大津三名水>
  三井寺の閼加井、逢坂関の走り井、練貫井

(1)寺名:大練寺(だいれんじ) (2)住所:滋賀県大津市三井寺町9−3
(3)山号:泉涌山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:円海 (6)開創:876年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)練貫井跡:大津三名水
2)十六羅漢像(画)12幅:重要文化財 鎌倉時代

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      練貫井跡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大練寺 (滋賀県大津市) 練貫の井 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる