お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 貞照寺 (岐阜県各務原市) 

<<   作成日時 : 2010/07/03 09:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岐阜県各務原市鵜沼にある貞照寺は、1933年日本最初の女優・川上貞奴
が私財を投じて開創した新しいお寺である。
川上貞奴は1871年東京日本橋に生まれ、1891年俳優・川上音次郎と
結婚。音次郎と共に海外公演を重ね、評判となる。
1917年女優を引退し、1933年貞照寺を創建した。
1946年亡くなると、貞照寺は衰退したが1960年成田山新勝寺の
名古屋別院の管理のもと再興され現在に至る。

1985年のNHK大河ドラマ<春の波涛>で川上貞奴が主人公となって以来
貞照寺は注目されている。
銅板葺きの本堂と境内の調和がよく、川上貞奴が眠る墓所には紫煙が
絶えない。

(1)寺名:貞照寺(ていしょうじ) 
(2)住所:岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町5−189
(3)山号:成田山 (4)宗派:真言宗智山派
(5)開基:川上貞奴 (6)開創:1933年 (7)本尊:不動明王
(8)その他
1)川上貞奴の墓
2)晩松園(貞奴別荘):市指定文化財
3)本堂・山門などの伽藍:市登録文化財

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      本堂彫刻

画像
                       境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

貞照寺 (岐阜県各務原市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる